Agoda(アゴダ)でホテル予約していたのに航空便の欠航で旅行キャンセル。その返金手続きをしてみた。

タイで旅行
スポンサーリンク

サワディーカップ。タイ在住17年の「たきんにょ」です。

先日、バンコクからプーケットに旅行しようと計画していたのに、航空便のキャンセルで旅行を断念した話を書きました。
その時の記事では、エアアジアの航空券の返金手続き方法をご紹介しました。

そして、その旅行のために、航空券の他に、ホテルも当然予約していました。
Agoda(アゴダ)と言うインターネットのサイトでホテル予約していたのですが、「返金不可」の条件が。。。
既に支払い済みの料金は、やっぱり返って来ないのか?
しかし、結論としては、全額払い戻しをしてもらえました
その返金手続き方法をご紹介します。
エアアジアの手続きと同じく、インターネット上で、会話形式で、返金の申し込み手続きをしました。
本情報が、今後、私と同じような目に会った人への参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

Agoda(アゴダ)とは

Agoda(アゴダ)は、シンガポールが本社で、タイ・マレーシア・香港など、多くの国に拠点を持つ、海外ホテル予約サイトです。そして、日本にも、東京・大阪など5ヶ所に拠点があり、日本国内のホテル予約も可能です。

登録されているホテルは80万軒以上と言われており、世界各地のホテルの予約が可能です。

何と言っても、日本語で海外のホテルの予約が簡単にとれてしまうのが、便利で有難いです。
ベスト価格保証」のサービスもあり、他社のサイトよりも格安でホテル予約できることも多いです。
また、ポイント制度もあり、宿泊実績でもらえたポイントを、次回以降の支払いに使う事も可能で、より割安感があります。

私は長年、ホテル予約の際にはAgoda(アゴダ)を利用しており、メンバーステータスは「VIP Platinum」だったりします。

ステータスが上がると、また更に割安で予約が取れたりするので、お得感が高まります。

Agoda(アゴダ)は、おすすめのホテル予約サイトですので、是非、頻繁に使って、ステータスアップを目指しましょう。

スポンサーリンク

予約したホテルの返金手続き方法

1) 返金してくれるかホテルに確認

さて今回、私が予約したのは「ビヨンド・リゾート・カオラック」と言うホテルです。

飛行機がキャンセルとなってしまったのは、旅行の2日前。
Agoda(アゴダ)の条件を確認してみると、既に返金可能な時期は、とっくに過ぎてました

でも、飛行機が飛ばなければ、当然、予約したホテルにも行けません。
まずは直接、ホテルに電話してみました。
飛行機が飛ばないので行けないんだけど。
予約キャンセルで返金はしてもらえるだろうか?
と聞いてみました。すると
OKなので、予約したAgodaで手続きして下さいね。
とのお返事。ありがたい。。。
と言うことで、Agoda(アゴダ)でキャンセル・返金処理にチャレンジです。

2) Agoda(アゴダ)での返金手続き方法

まずは、予約した際に送られて来たメールに「予約照会」と言うボタンがあるので、そこをクリックします。

すると、Agoda(アゴダ)のWebサイトの予約状況のページが開きます。
その中で、「カスタマーサポートにチャットで問い合わせる」と言うところがあるので、そこをクリックします。

尚、Agoda(アゴダ)の問い合わせ画面に直接行くこともできます。

問い合わせ画面はこちら

問い合わせる」をクリックすると、その後、チャット画面が開きます。
チャットとは、インターネット上で、文字を入力して会話することができる機能です。

①チャット画面で最初に出て来たページです。予約しているホテルの情報が自動的に出て来ました。
②今回の目的「予約のキャンセル」と入力したら、ほんの1分で担当者(Ismailさん)が出て来ました。
③そして、今回のキャンセルの理由について入力してみました。すると、まずは予約先にAgodaが交渉するとの返事が来ました。

④そして、現金ではなく、Agoda(アゴダ)のポイントで返すとの提案が。次回以降に使えるポイントです。
⑤しかし、現金での返金を希望してみました。すると受けてくれるとのこと。48時間以内に返事するとのことに。
⑥最後まで、非常に丁寧な文面でのやりとりの末、チャットが終了しました。

これまでのやりとりを見てもらうと分かる通り、これはロボットではなく、ちゃんと日本人が対応してくれているな、との印象を受けました。ストレスなくやりとりでき、大変満足でした。

チャット終了後には、すぐに確認メールが送られて来ました。

あとは返金されるのを待つばかりです。

そして、このやりとりの4日後、Agodaのサイトで予約照会をしてみると、「返金手続き完了」となっていました。

早速、カード会社の使用明細を確認してみたら、なんともうちゃんと返金がされているではないですかっ!

超スピード処理!私の満足度はもう120%です。素晴らしいぞ、Agoda(アゴダ)!!

スポンサーリンク

まとめ

世界各国のホテルを格安で予約できるサイト「Agoda(アゴダ)」。
返金不可の条件でも、飛行機のキャンセルで行けないむねを話したら、返金してくれました。
今回は、その時の手続きの方法や様子をご紹介しました。
日本語でストレスなく手続きができて、そして処理が超早い!
Agoda(アゴダ)」は、私の満足度120%の、おすすめホテル予約サイトです。

ホテル予約をする際には、是非使ってみて下さい。

本日も読んでいただき、ありがとうございました。コープクンカップ。

人気ブログランキングに参加しています。
↓ ↓ ↓ 

タイトルとURLをコピーしました