タイで住んでいる部屋で、エアコンやブレーカーが壊れたので修理。不具合や故障への対処方法。

タイでの暮らし
スポンサーリンク

サワディーカップ。タイ在住16年の「たきんにょ」です。

タイでは、私は現在、コンドミニアムに部屋を借りて住んでいます。
タイのコンドミニアムの中には、見た目は良くても、建築があまり良くなくて、色々と不具合が生じる物件って、少なからずあるので、注意が必要です。
但し、こればっかりは、実際に住んでみないと分からない事も多いのですが。。。

さて今日は、先日、エアコン周りが壊れて、修理してもらった時の話をしたいと思います。

スポンサーリンク

住んでいる部屋で不具合や故障が生じた時の対処方法

通常、日本人の方は、物件を借りる時には、日系の不動産業者を通じて賃貸する方がほとんどだと思います。
もし、部屋で不具合が生じたら、その不動産業者に連絡すれば、色々と対処や手配をしてくれると思います。
一般的には、コンドミニアムの部屋は、その貸主(オーナー)のものなので、借主が故意に壊したのでなければ、オーナーの方で費用を負担してくれます。但し、その費用はオーナーが負担するべきものなのか、価格は適正なのか、などなどの検証で、修理するまでに若干の時間が掛かったりする事もあります。その辺の面倒なやりとりは、不動産業者の方でやってくれると思います。

しかし私の場合には、自分で部屋探しをして、オーナー直での契約をしている為、そう言った面倒な事も、自分でやらないといけません。

不具合が生じたら、まずはコンドミニアムの管理事務所に連絡します。
すると、そのコンドミニアム直属のエンジニアが見に来てくれます。
普段、電球交換とかでも、天上が高くてできないので、呼んでやってもらったりしますが、無料でやってくれます。
少し面倒な内容の場合には、ありがとうの気持ちで、個別にチップを100バーツくらい渡したりしますが。

そして、そのコンドミニアムのエンジニアには手に負えない内容の場合には、専門業者に連絡する事になります。
すると当然、費用が掛かって来る訳です。

手順は以下のような感じです。

①専門業者に自分で電話して、現場状況確認の日程調整
②専門業者による現場確認後の費用見積入手
オーナーに自分で連絡して、事情説明費用負担のお願い
④オーナーの許可を得たら、専門業者と修理実施の日程調整
⑤修理完了後、オーナーに状況報告


それら一連の事を、自分でやらないといけません。結構、面倒です。

こう言った事を、日系の不動産業者は頻繁にやっているのだと思います。本当にお疲れ様です。
ですので、不具合の多いコンドミニアムとかは、不動産業者も経験的に知っていたりします。
お部屋探しの際には、建物の見た目に騙されず、不動産業者に色々と質問もしてみて、選ぶ事をおすすめします。

スポンサーリンク

私が住んでいる部屋で、エアコン周りの故障発生

私が住んでいる部屋では、入居した時は綺麗で快適でしたが、半年もしない内に、エアコンから水滴がボタボタ。
エアコン業者を呼んで、エアコン掃除の対処をしてもらってました。1回500バーツです。これはオーナーに連絡するのも面倒なので、自分で負担してました。
しかし、掃除しても1ヶ月くらいでまたボタボタ。。。そして業者を呼んでエアコン掃除。
3回ほど、それを繰り返し、最後にはエアコン自体の交換と、壁の内部の再工事まですすめられる始末。。。
なので、面倒なので、そのままエアコンを使用し、水漏れを受ける容器も用意して、我慢して使っていました。

しかし、ある日突然、エアコン自体の電源が切れました。。。
部屋には3台のエアコンがあるのですが、その全ての電源が入らず。
これはブレーカーが落ちたと考え、配電盤を見てみると、やはりエアコン用のブレーカースイッチが落ちてます。

しかし、そのスイッチを指で上げようとしたら、破裂音と共に火花が!!危ない危ない。。。
何度トライしても、火花が散って、ブレーカースイッチが入りません。
と言う訳で、先程の対処方法の手順で、まずはコンドミニアムの事務所に連絡して、エンジニアに見に来てもらいました。

エンジニアによると、「こりゃダメだ。直せん。専門業者を呼ぶしかない。」と言われ。。。
管理事務所の方で、業者を紹介してもらい、自分でその業者に連絡です。

スポンサーリンク

専門業者による調査、見積、修理実施

そして、次の日には業者が来てくれて、原因調査です。

ブレーカーSW(エアコン部分の小部品)が壊れている事を確認。
そして、部品破損をさせた過電流の原因は、ベランダの室外機、との事。室外機も調査です。

調査の結果、コンプレッサー部品とマグネットスイッチ部品の交換が必要との判断。
その費用見積をもらいます

見積費用は11,800バーツ。結構な金額です。
そして、部屋のオーナーに事情説明と費用の連絡です。

実は、この部屋のオーナーは中国人で、はじめは、「もっと安くならないのか?」とか、「新品部品じゃなく、中古部品とかないのか?」など、ごねてました。さすが中国人。買い物にはシビアです。
でも「どうにもなりませんよ。」と説明したら、観念して、修理の承諾をくれました。
やりとり疲れた。。。

そしてまた次の日、業者が来てくれて、修理着手です。
まずは根本原因の室外機から。

そして、その後にブレーカースイッチの交換。

時間にして、3時間半も掛かりました。私は横でパソコンして待ってただけですけどね。
そして修理完了! 快適な環境が戻りました。
但し、エアコンの水漏れは相変わらずですけど。。。
修理完了をオーナーに報告し、今回の費用については、月末の家賃を払う時に、この分を差し引いて振込するとの事になりました。めでたしめでたし。

スポンサーリンク

実は、他にも不具合が多々あり

エアコンは無事に使えるようになりましたが、実は、この部屋、他にも色々と不具合が多々あります。

エアコンの水漏れにも関係しますが、壁の中の排水がうまく行っていないようで、壁のあちこちで水が滲みて、壁紙が汚れたり、剥がれたりしています。それも何か所も。

それと、風呂場の天上も水が滲みて、かなり汚くなってます。

極めつけは、洗面所の棚が、虫食いで劣化し、とうとう落ちました。。。

実は、私はこのコンドミニアム内で、別の部屋を3ヶ所移動して住みました。
そして、どの部屋も同じような不具合が多々発生しました。
これはもう、コンドミニアムの建築自体が悪いとしか思えません。見かけは立派なんですけどね。

と言う訳で、引っ越しを決意!
部屋の賃貸契約期間が切れたら、このコンドミニアムから出る事にします。

部屋探しと引っ越しの話は、また次回にしたいと思います。
本日も読んでいただき、ありがとうございました。コープクンカップ。

人気ブログランキングに参加しています。
↓ ↓ ↓ 

タイトルとURLをコピーしました