タイBOI企業勤務だと、空港の優先レーン「ファーストトラック」が使えます。資料の入手方法ご紹介。

タイで仕事
スポンサーリンク

サワディーカップ。タイ在住17年の「たきんにょ」です。

タイの入出国の際に、必ず通るのがイミグレ(入出国審査)ですが、日によっては大行列ができていますよね。
その列で立って待つことに、イライラする人も多いのではないでしょうか。
しかし、実は私、いつも優先レーンを利用させてもらっており、毎回快適に通過しています。
でも、ビジネスクラス利用なんて、そんな高級なご身分ではなく、エコノミークラス利用での話です。
その理由は。。。「BOI企業に勤務しているから」です。
タイでBOI企業に勤めている人は、スワンナプーム空港の優先レーン「ファーストトラック」が使えるんです!!

【BOI企業とは】
タイには「BOI(Board of Investment、投資委員会)」と言う政府機関があり、タイ国として是非、外国人に投資してもらいたいビジネスを奨励する制度があります。このBOIの認可を得られると、規制されている色々な事が免除されたり、税制面での優遇があったり、外国人のVISA取得が優遇されたりと、色々な恩典がもらえます。

「ファーストトラック」を利用するためには、BOIに事前に申請して、通行手形(A4資料)を発行してもらう必要があります。
その申請から資料入手まで、BOIのWebサイトでできます。
今日は、その資料入手方法をご紹介したいと思います。

BOI企業にお勤めの方、是非、手続きをして、通行手形を手に入れておきましょう。
尚、その通行手形は回収されないので、何度でも使えます。
行きも帰りも、ファーストトラックの通行手形を使って、快適にタイのイミグレを通過しましょう!!

スポンサーリンク

優先レーン「ファーストトラック」とは

スワンナプーム空港には、一般のエコノミークラスの乗客とは別に、優先レーン「ファーストトラックがあります。
利用できる人は限られており、あまり長くは列に並ばず、素早く快適にイミグレ(入出国審査)を通過することができます。

「ファーストトラック」を利用できる人は、以下に挙げる人達です。

ファーストクラス/ビジネスクラスの乗客
身体障害のある方
幼児
妊婦
BOI認可企業勤務者
ABTC(APECカード保有者)
タイエリートカード保有者
仏教僧侶
70歳以上のタイ国民
外交官/オフィシャルパスポート保有者
航空会社の乗務員
タイスマートビザ保有者(高度技術専門家、投資家など)

そして、その優先レーン「ファーストトラック」の入り口は、一般とは別にあります。

これはタイを出国する際の、スワンナプーム空港の写真です。
一般の乗客はエスカレーターを登って、イミグレ(入出国審査)に向かいます。
しかし優先レーンファーストトラック」は、エスカレーターは登らず、エスカレーターの下にあります。

「ファーストトラック」を利用する際には、間違ってエスカレーターに乗らないように注意しましょう。

スポンサーリンク

BOI発行の通行手形の入手方法

1)BOIシステムへのログイン

BOI発行の通行手形を入手するには、Web上のシステムで申請を行います。
そのBOIのシステムは「Single Window」と言う名称で、こちらになります。

利用には、ログインIDとパスワードでログインが必要になります。
既にログインIDとパスワードがわかっている方は、そのままログインして下さい。

もしログインIDとパスワードがわからない場合には、上の写真の緑丸部分をクリックして下さい。
するとEメール情報を入れる画面が出てきます。

赤線部分に、BOIに登録しているEメールアドレスを入力し、赤丸部分をクリックして下さい。
すると、BOIからEメールが届きます。

【ご注意】
差出人が「Single Window for~」となっています。
件名もタイ語もしくは文字化けとなっています。
迷惑メールと勘違いして捨ててしまわないように注意しましょう。
また、メールが届かない場合、迷惑メールに振り分けられてしまっているかもしれません。
その場合、迷惑メールのフォルダーも確認して下さい。

BOIからのメールには、システムへのログインIDとパスワードが書かれています。
その情報を使って、システムでログインします。

ログインIDとパスワードを入力し、赤丸部分をクリックすると、以下のホーム画面となります。

左上に「TH」とあり、「EN」(英語)との切り替えができるように見えますが。。。
本システムはタイ語しか出ません。。。残念です。

2)空港ファーストトラックの通行手形申請

ホーム画面のメニューの中から、左から3番目の赤丸部分をクリックします。
すると、以下の画面が表示されます。

その画面を下にスクロールして行き、「7.1」の項目を選択します。

すると、BOIに登録されている、認可事業の一覧が出てきます。
私の会社は「ITC(国際貿易センター)」の事業認可のみを得ているので、1項目だけしか出てきません。
もし複数の事業が出てくる場合には、ご自身が登録されている事業を選択しましょう。

上の画面のリストの左端の小さな赤丸部分にチェックを入れ、右下の赤枠部分をクリックします。
すると、登録されている人名リストが出てきます。
私の会社は、日本人1名の会社なので、1項目だけしか出てきません。

上の画面で、ご自身の名前の行で、左端の小さな赤丸部分にチェックを入れ、右下の赤枠部分をクリックします。
これで、システムでの申請手続きは終了です。

その後、しばらくすると、BOIより受付状況のメールが届きます。

繰り返しになりますが、以下ご注意下さい。

【ご注意】
差出人が「Single Window for~」となっています。
件名もタイ語文字化けで来ます。
迷惑メールと勘違いして捨ててしまわないように注意しましょう。
また、メールが届かない場合、迷惑メールに振り分けられてしまっているかもしれません。
その場合、迷惑メールのフォルダーも確認して下さい。

メールの内容には、緑色文字のように、3つのステータスの日時が書かれています。
そして、赤色文字の部分で、「อนุมัติ(承認)」となっていれば、次のステップで資料を入手できます。

尚、以前はメールに資料が添付されていたのですが、現在は添付されておらず、システムにログインして、ダウンロード入手する必要があります。

3)通行手形をシステムからダウンロード入手

通行手形の入手には、システムからダウンロードが必要です。
システムにログインし、ホーム画面のメニューの中から、左から2番目の緑枠部分をクリックします。
すると、以下の画面が表示されます。

画面下の方に、承認されて、ダウンロード可能な資料の一覧が出ています。
承認された通行手形の行を見つけます。
赤線部分の、受付番号もしくは「(0ut-In)」が書かれているものを探すと見つけやすいです。
その行の右端の赤丸部分の記号をクリックすると、PDF文書がポップアップで出てきます。
それを保存して、印刷しましょう。

ここで、ポップアップが出てこない場合があります。
それは、お使いのブラウザの設定が原因である可能性が高いです。
ポップアップのブロックがされている場合、その設定を変更する必要があります。
私が使っているブラウザ「Microsoft Edge」での設定変更方法を、ご参考までご紹介します。

【ポップアップブロックの設定変更方法】※Microsoft Edgeの場合

ブラウザを開き、右上部分①をクリックし、出てきたメニューの中から②「設定」をクリックします。
その後、左端に出てくるメニューから、③「Cookieとサイトのアクセス許可」をクリックします。
上の画面は、③をクリックした後の画面です。

その画面を下にスクロールして行くと、④「ポップアップとリダイレクト」と言う項目があるので、そこをクリックします。

すると、以下の画面が出てくるので、⑤「ブロック(推奨)」をクリックして、「白抜きマーク」にします。

その設定が完了したら、BOIシステムで資料のダウンロードを試してみて下さい。

尚、「ブロック(推奨)」設定は、BOIシステムでのダウンロードが完了したら、また元の「青色マーク」に設定を戻しましょう忘れがちなので、お気を付け下さい。

スポンサーリンク

BOI通行手形の実際の使い方

手に入れた通行手形は、以下のように、A4用紙で2枚の資料となります。

さて、無事に通行手形を手に入れた後、実際に空港で使う場面をご紹介します。
スワンナプーム空港の「ファーストトラック」の入り口には、関所の門番が数人、立っています。
ここでパスポートと航空券と共に、通行手形を門番に見せます。

たいていの門番は見慣れてない資料だと思うので、併せてBOI」と声を出して告げましょう。
暇な門番がワラワラと寄って来る場合もありますが、気にせず、堂々としていましょう。
無事に関所を抜けられるはずです。

尚、中に入った後のイミグレ担当官の窓口では、通行手形は求められることはあまりないです。
でも、もし求められたら、出しましょう。
そして、資料は、ちゃんと返してもらい、回収しましょう。(つい忘れがち)
まぁ、回収し忘れても、また印刷すれば良いだけの話ですが。

海外からスワンナプーム空港に到着した際にも、同じように「ファーストトラック」が利用できます。
一般用の入り口を通り過ぎて、免税店や到着VISA発行窓口の先に「ファーストトラック」の入り口があります。
一般用の大きな入り口には行かないように気を付けましょう。

そこの関所でも、先ほどと同じ手順を踏めば、「ファーストトラック」が利用できます。

スポンサーリンク

まとめ

タイの入出国の際に、必ず通るのがイミグレ(入出国審査)ですが、日によっては大行列ができています。
その列で立って待つことに、イライラする人も多いかと思います。
しかし、一般とは別の場所に、優先レーン「ファーストトラック」があり、そこでは快適にイミグレを通過できます。
実は、エコノミークラス利用でも、BOI企業に勤務していれば「ファーストトラック」を利用できます。
その「ファーストトラック」利用のために必要な資料の入手方法や、実際の使い方をご紹介しました。
BOI企業にお勤めの方、是非、手続きをして、通行手形を手に入れておきましょう。
そして、行きも帰りも、ファーストトラックの通行手形を使って、快適にタイのイミグレを通過しましょう!!

本日も読んでいただき、ありがとうございました。コープクンカップ。

人気ブログランキングに参加しています。
↓ ↓ ↓ 

タイトルとURLをコピーしました