【タイ観光】インスタ映えスポット満載のテーマパーク「ムアンボラーン(The Ancient City)」に行って来た。

タイで旅行
スポンサーリンク

サワディーカップ。タイ在住16年の「たきんにょ」です。

先日、「BTSスカイトレインのスクンビット線で端から端まで乗ってみた」の記事を上げました。

その時、終点ケーハ駅の先に、なかなか気になるスポット、ムアンボラーン(The Ancient City)があったので、改めて別の日に見に行って来ました。

スポンサーリンク

ムアンボラーン(The Ancient City)とは

ムアンボラーンはタイ語で、「ムアン」が都市、「ボラーン」は古式と言う意味です。
タイ全土の遺跡、仏閣、歴史的建造物などが、縮小版レプリカとなって建てられているテーマパークです。
敷地はタイの国の地形になっていて、各建物は、そのおおよその場所に配置されています。

ムアンボラーン内の地図

敷地面積は128万平方メートルとの事で、建造物の数は2020年7月時点では121ヶ所あり、現在もどんどんと増築中です。
あまりにも敷地が広過ぎて、どこからどう見て行けば良いのか、分からないくらいです。時間に余裕を持って訪れた方が、よりたくさんの建造物が見れると思います。

スポンサーリンク

ムアンボラーン(The Ancient City)の場所と行き方

場所は、BTSスカイトレインのスクンビット線、2020年7月時点で終点の「ケーハ(Kheha)駅」から、更に先に約4kmの場所にあります。

ケーハ駅
ムアンボラーン場所

歩くと46分となっています。ちょっと厳しいので、駅からタクシーで移動しました。

途中、BTSの線路の切れ目がありました。記念に撮影しておきました。

BTSの切れ目

その先の延長の予定はいつなんでしょうか? 工事しようと言う気配が全くありませんでした。延長は気長に待つしかなさそうです。

そしてタクシーに乗って約5分、料金にして約50バーツで「ムアンボラーン(The Ancient City)」に到着です。

ムアンボラーン入口
ムアンボラーン入口
スポンサーリンク

ムアンボラーン(The Ancient City)の入場料と営業時間

では早速、チケット売り場へ。

チケット売り場
チケット売り場

そしてまたもや出ました~っ!! タイ人と外国人の二重価格。
先日のエラワン・ミュージアムを訪問した時と状況が同じです。

タイ人価格はタイ文字数字で書いてあるので、普通の外国人には分かりません。でも、残念ながら私には読めちゃうんですよね。

タイ語の料金表示

先日のエラワン・ミュージアムの時と同様に、料金プレートのタイ語の部分を指さしながら、
タイ人料金は400バーツなんだね?タイ語読めちゃうし、タイ人料金で良いよね?
とタイ語で言ったら、OKでした。
しかし、実はタイ語が読めなくても、タイ在住者との証明があれば、タイ人料金になるらしいです。タイにお住まいの方は、下記のどれかを見せればOKだそうですので、これらをお持ちの方は忘れずに。

・ビザ(要パスポート原本)
・ワークパーミット
・タイの運転免許証

そしてチケットが手元に来て見てみると、先日のエラワン・ミュージアムと同じスタイルのチケットでした。

チケット比較

それもそのはず、このムアンボラーン(The Ancient City)とエラワン・ミュージアムは、同じオーナーの経営なんです。

そして、敷地内をどのように回るかを選択します。
自家用車」でそのまま中に入って回る場合は、1台400バーツです。
電動カート(ゴルフカート)4人乗り」を借りる場合には、1時間350バーツで以降1時間毎に追加200バーツです。
電動カート(ゴルフカート)6人乗り」を借りる場合には、1時間500バーツで以降1時間毎に追加300バーツです。

カート料金表

普通の自転車(ママチャリ)」は1日50バーツです。
プロ自転車(マウンテンバイク)」は1日150バーツです。

自転車料金表

これら乗り物価格については、タイ人も外国人も同じ料金です。

そして乗り物選択ですが、自転車は炎天下で暑そうだし、日焼けするのも嫌なので、私は取り敢えず4人乗りゴルフカートを1時間借りる事にしました。
するとレンタル契約書が出て来ました。それも日本語!!サービス良いじゃない!!

レンタル契約書

尚、電動カートを借りる際には、人質として身分証明書を預ける必要があります。私はタイの運転免許証を持っているので、それを預けました。もし持っていなければ、パスポート(原本)を預けないと借りる事が出来ませんのでご注意下さい。

ちなみに営業時間ですが、2020年7月現在「毎日 9:00 – 19:00」となっています。但し、チケット売り場は閉園1時間前の18:00にクローズとなりますので、ご注意下さい。

スポンサーリンク

ムアンボラーン(The Ancient City)の敷地内の散策

さて、お待たせしました。では、実際の敷地内の様子を見て行きましょう。
早速、カートに乗って出発です。

カートに乗車

先程貼った園内案内マップの、一番下の部分が入口で、そこからスタートします。

敷地スタート地点

遠くの方に新しいオブジェを作っている様子が見えます。敷地内の建造物はどんどんと増築中です。

南部地域

まずは入口から入ってすぐが南部地域となります。

南部地域の地図

下の写真は、案内マップで確認すると、(9)スラタニ―県にある「The Stupa of Phra Maha That」と言う遺跡だそうです。
結構、自家用車で回っているお客さんも多いです。

自家用車の客

そして更に進んでいきます。

南部地域の地図

すると左手に、とても煌びやかな建物が見えて来ました。行ってみましょう。

煌びやかな建物
煌びやかな建物

中にも入れます。

煌びやかな建物

本格的な雰囲気です。
案内マップには建物の名称「Buddhavas of the Substanceless Universe」は書かれていますが、識別番号が付いていません。英語を直訳すると「実体のない宇宙の寺院?」と言った感じでしょうか? もしかしたら、実際にお坊さんとか呼んで、何か行事をしたりする施設かもしれませんね。実際のところはどうなのか、情報が見つけられませんでした。すみません。

中部地域

南部を抜けると、中部地域に入ります。

中部地域の地図

まず目についた建物は、(23)バンコク都の「Dusit Maha Prasat Palace(王宮)」です。

Dusit Maha Prasat Palac

バンコク観光では定番で、タイに来た事がある方は、一度は見に行ってるのではないかと思います。

そして次に目に付く白い大きな建物が、(27)アユタヤ県の「Sanphet Prasat Palace」です。

Sanphet Prasat Palace

とても綺麗な建物で、是非、実物を見に行きたいところですが、アユタヤ王朝時代の1767年に、ビルマ(ミャンマー)軍の攻撃により、焼失してしまったとの事です。本当に残念。。。

そして辺りを見回すと、金色の尖った建物が目に入って来ました。

The Footprint of the Loar Buddha

(33)サラブリ―県の「The Footprint of the Loar Buddha」です。これは是非、実物を見に行きたいと思う建物です。

東北地域

マップで右の方に行くと東北地域(イサーン地方)となります。
田舎なので、なんとなく、建物がみんな素朴な感じに見えます。

Prasat Sikhoraphum

これは(90)スリン県の「Prasat Sikhoraphum」です。素朴です。。。

北部地域

敷地の左上部が北部地域となります。

北部地域の地図

実は、私は未だ行った事がないのですが、北部チェンライ県に、真っ白で幻想的なお寺があるらしく、その建物のレプリカが無いかと探していたら、(108)の建物が目に入って来たので、行ってみました。

(108)の建物

ん? なんか想像と違う。。。なんかしょぼいぞ。。。
それもそのはず、この建物は現存しない空想上の建物で、いわゆるアート作品の部類でした。
案内マップの右上に、数字の色により、実在するものか、アート作品なのかの区別が書いてありました。
青色数字は全てアート作品なんですね。

北部地域の地図

その後、敷地の左上部で目に付いた建物は、ことごとくアート作品でした。。。
美しい建造物が多く、実際にあれば見に行きたいところですが。。。

アート作品の建物
アート作品の建物
アート作品の建物

ウェルカムドリンク

そして最後の後回しにしてしまいましたが、ウェルカムドリンクを出してくれると言う場所に向かいます。

ウェルカムドリンクの場所

チケットを買った際に、(19)「Khun Phaen House」でウェルカムドリンクが出るので、行ってみてねと言われていました。
どうやらこの建物のようです。

Khun Phaen House

建物に入ってみると、とても雰囲気の良い、レトロな感じの構造です。

建物の内部

そして隅の方で、民族衣装を着たお姉さんが、おもてなしセットを用意してくれてます。

おもてなしの準備風景

来ました来ました、おもてなしセット。

おもてなしセット

これがかなり美味しかったです。ごちそうさまでした。

と言う訳で、かなり駆け足で周りましたが、カートのレンタル時間いっぱいいっぱいのちょうど1時間で戻り、カートを返して終了です。
敷地が広いので、結構、時間が経つのが早いです。ゆっくり見るなら3~4時間掛かると思いますので、そのつもりで行ってみて下さい。

では、本日も読んでいただき、ありがとうございました。コープクンカップ。

人気ブログランキングに参加しています。
たきんにょブログへの「応援ポチっ」をしてもらえると嬉しいです。
↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました