タイのセブンイレブンのケーキ14種類。食べ比べして、勝手にランキング評価してみた。

タイ料理
スポンサーリンク

サワディーカップ。タイ在住17年の「たきんにょ」です。

ひと昔前のタイでは、ケーキと言えば、常温でも腐らない(?)謎のケーキが主流でした。
油脂が多めのバタークリームを使い、溶けにくいため、常夏のタイの屋外で、陳列している姿を良く見かけたものです。

とにかくやたら甘いだけで、そして見た目は絵具のようなカラフルなものが多く、正直、とても美味しいとは言えないしろものばかりでした。
その頃は、日本のコンビニデザートが、やたらに恋しかったものです。

しかし、昨年2020年7月頃、タイのセブンイレブンで、日本クオリティーのチーズケーキが店頭に並び出し、在タイの日本人の間では大きな話題になりました。

日本のチーズケーキそのものの味で、当時は嬉しくなって小躍りしたものです。
(小躍りは、ちょっと大げさでした。すみません。)

その後、シリーズ商品も増えて行き、ようやくタイでも気軽に、まともなケーキが食べれるようになって、本当に嬉しい限りです。
そんなタイのセブンイレブンのケーキ、現在店頭に並んでいる14種類を食べ比べし、私の好みで勝手にランキング評価してみました。
人の好みはそれぞれで、賛否両論あるかとは思いますが、今後のケーキ選びの参考にしてもらえると嬉しいです。

スポンサーリンク

2020年7月頃に登場したチーズケーキとは

タイのセブンイレブンに、ある日突然現れた日本クオリティーの美味しいチーズケーキ。衝撃でした。
実はこのチーズケーキ、日本の企業が関わって作ったものだったんです。
そりゃぁ、日本クオリティーで美味しい訳だ。
その日本の企業は、福岡に本社を構える「五洋食品産業株式会社」さんです。
日本では、レストランやカフェなどへ、業務用ケーキを生産販売している会社さんです。
その五洋食品さんが、タイの食品会社「Srifa Frozen Foods Co., Ltd.」さんと業務提携し、タイで現地生産を開始したのが、このチーズケーキでした。
このチーズケーキの定価は「39バーツ」(約130円)と、安価で食べられるのも、現地生産のお陰ですね。ありがたいことです。

スポンサーリンク

タイセブンイレブンのケーキ14種類のランキング評価

さて本題です。
2020年6月現在で、タイのセブンイレブンに並んでいるケーキ14種類、食べ比べしてみました。
そして、私の好みで勝手にランキング評価
あくまでも私の好みなので、そこは何卒ご了承のほど。
では、早速、結果発表に参りましょう!

【第1位】チョコバナナカップケーキ

栄えある第1位は、最近販売し出した「チョコバナナカップケーキ」で~す!!

甘さ度数(私見): 2.5〔甘さ控え目〕
カロリー: 200キロカロリー
構成(上から)
 チョコパウダー
 生クリーム
 スポンジ生地
 バナナムース
 チョコスポンジ

生クリームの量が多めですが、クリームは甘さ控え目で、しつこくはありません。
バナナムースも甘さ控え目ですが、チョコスポンジがやや甘めになっています。
全体的な甘さと味のバランスが抜群に良いケーキだと思い、第1位としました。
私が住んでいる地域のセブンイレブンには、なかなか売っておらず、見つけたらすぐに買ってしまうほどです。
まだ食べたことがない方、是非お試し下さい。

【第2位】レアチーズケーキ

甘さ度数(私見): 2.5〔甘さ控え目〕
カロリー: 130キロカロリー
構成(上から)
 レアチーズムース
 スポンジ生地

レアチーズ部分はババロアのようで、あまり甘くないです。
スポンジ生地もあまり甘くなく、甘さ控え目のケーキです。
シンプルですが、それゆえにとても美味しいケーキと思い、第2位としました。

【第3位】和風ソフトケーキ

甘さ度数(私見): 2.5〔甘さ控え目〕
カロリー: 190キロカロリー
構成(上から)
 チェリーのシロップ漬けトッピング
 粉砂糖
 スポンジ生地
 カスタードクリーム

全ての素材が甘さ控え目です。
上に乗ったチェリーもあまり甘くなく、良いアクセントになっています。
スポンジ生地はフワフワで、そして中に入っているカスタードクリームがシュークリームの中身のようです。
私はとても好きな味で、第3位としました。
尚、なぜ名前が「和風」なのかは謎です。。。

【第4位】ベイクドチーズケーキ

甘さ度数(私見): 3〔甘さ普通〕
カロリー: 210キロカロリー
構成(上から)
 焦がし砂糖
 チーズケーキ
 スポンジ生地

こちらが昨年2020年7月頃に、在タイ日本人に衝撃を与えた(?)チーズケーキです。
焦がし砂糖部分は、砂糖の粒が残っていて、やや甘いです。
チーズケーキ部分とスポンジ生地は甘さ控え目です。
日本でよく口にする、普通のチーズケーキそのものです。
でも、日本から遠く離れたタイでは、日本の普通がありがたかったりするんですよね。

【第5位】キャラメルカスタードプリン

甘さ度数(私見): 3〔甘さ普通〕
カロリー: 220キロカロリー
構成(上から)
 カスタードプリン
 キャラメルムース

プリンは濃厚で、クレームブリュレのようです。あまり甘くないです。
キャラメル部分は液体も残っていますが、柔らかめのババロア状態になっています。
甘さのバランスが良く、かつプリンが濃厚で美味しいです。

【第6位】キャラメルチョコレートムースケーキ

甘さ度数(私見): 3〔甘さ普通〕
カロリー: 170キロカロリー
構成(上から)
 キャラメルムース
 チョコレートムース
 チョコスポンジケーキ

ムースは、キャラメルもチョコも甘さ控え目です。ババロアのようでなめらかです。
スポンジケーキがやや甘いですが、バランスは良いです。
キャラメルとチョコがミックスして、ちょっとコーヒー味に似た感じもしましたが、美味しいケーキです。

【第7位】バスクチーズケーキ

甘さ度数(私見): 3〔甘さ普通〕
カロリー: 200キロカロリー
構成(上から)
 チーズケーキ
 スポンジ生地

チーズケーキは固めで濃厚な味です。甘さは中程度です。
一番下にスポンジ生地が敷かれています。
側面に巻かれている紙をはがすと、ケーキがやや崩れやすく、食べにくいのが玉にキズです。

【第8位】ストロベリークレープケーキ

甘さ度数(私見): 2.5〔甘さ控え目〕
カロリー: 210キロカロリー
構成(上から)
 苺ソース(自分でかける)
 クレープ生地
 ミルククリーム

いわゆる「ミルクレープ」で、自分で苺ソースをかけていただきます。
苺ソースは、見た目よりもサラっとして、甘さも控え目です。苺の実も入っています。
クレープ生地とミルククリームがやや固めで、バタークリームに近い感じがします。
甘さはかなり控え目です。

【第9位】レモンチーズパイ

甘さ度数(私見): 4〔やや甘い〕
カロリー: 250キロカロリー
構成(上から)
 レモンスライス
 レモンクリーム
 レアチーズムース
 ビスケット生地

上に乗った半月切りのレモンは、酸っぱくはなく、砂糖漬けなのでちょい甘です。
上部のレモンクリームが甘いです。しかし思っていたほどは酸っぱくはないです。
レアチーズはババロアのようで、あまり甘くないです。
下に敷かれたビスケット生地は、サクサクで美味しいです。
全体的には、やや甘のケーキです。

【第10位】チョコレートケーキ

甘さ度数(私見): 4〔やや甘い〕
カロリー: 190キロカロリー
構成(上から)
 チョコクリーム
 チョコスポンジ生地
 チョコクリーム
 チョコスポンジ生地

こちらの三角ケーキは、今まで上位に出て来た三角ケーキとは別メーカーと思われます。
よく見ると、プラスティックケースの形状が若干違っていたりします。
味の方は、クリームがやや甘く、粘り気があり、やや安っぽい感じがあります。
チョコスポンジは、あまり甘くなく普通に美味しいですが、どうしてもクリーム部分の安っぽさが気になります。

【第11位】ストロベリーケーキ

甘さ度数(私見): 5〔かなり甘い〕
カロリー: 150キロカロリー
構成(上から)
 苺ジャム
 生クリーム
 苺味スポンジ
 生クリーム
 苺ジャム
 苺味スポンジ

生クリームはあまり甘くないのですが、苺ジャムが、とにかく甘い!
スポンジはフワフワで、食感は良いです。

【第12位】生クリームのプリンケーキ

甘さ度数(私見): 2.5〔甘さ控え目〕
カロリー: 230キロカロリー
構成(上から)
 スポンジ生地
 生クリーム
 プリン

スポンジ生地はあまり甘くなくて良いのですが、一番上にあるので、ややパサつき感があります。
正直、この取ってつけたようなスポンジ生地はいらないと思います。
生クリームもあまり甘くないですが、やや安っぽい味の感じがします。
プリンは甘さ控え目ですが、特徴なく普通です。
第5位のプリンと違い、キャラメルソースが入っていないので、入っていた方が美味しくなる気がします。

【第13位】ブルーベリーチーズケーキ

甘さ度数(私見): 5〔かなり甘い〕
カロリー: 240キロカロリー
構成(上から)
 ブルーベリーの実(シロップ漬け)
 ブルーベリーソース
 生クリーム
 チーズクリーム
 ビスケット生地

こちらの三角ケーキも、第10位のチョコレートケーキと同じく、別メーカーと思われます。
ブルーベリーの実は、程よい甘さで美味しいです。
ブルーベリーソースの方も、同じく程よい甘さですが、柔らかく流れやすいので注意が必要です。
生クリームとチーズクリームはあまり甘くはないですが、コクがなく、安っぽい味の感じがします。
ビスケット生地は全く甘くなく、むしろしょっぱいです。そして崩れやすいのも難点です。
全体的な味のバランスが、残念ですが良くないと思います。

【第14位】ストロベリーチーズケーキ

甘さ度数(私見): 5〔かなり甘い〕
カロリー: 210キロカロリー
構成(上から)
 苺の実(シロップ漬け)
 苺ソース
 生クリーム
 チーズクリーム
 ビスケット生地

先程の第13位のブルーベリーチーズケーキと同系統のケーキです。
苺の実は、程よい甘さで美味しいです。
しかし、苺ソースがジャムのようで、かなり甘い!!
生クリームとチーズクリームはあまり甘くはないですが、コクがなく、安っぽい味の感じがします。
ビスケット生地は全く甘くなく、むしろしょっぱいです。そして崩れやすいのも難点です。
全体的な味のバランスが、残念ですが良くないと思います。

スポンサーリンク

まとめ

ひと昔前のタイでケーキといえば、正直、とても美味しいとは言えないしろものばかりでした。
しかし、昨年2020年7月頃、タイのセブンイレブンで、日本クオリティーのチーズケーキが店頭に並び出し、その後、シリーズ商品も増えて行き、ようやくタイでも気軽にまともなケーキが食べれるようになりました。
その仕掛け人は、実は日本で業務用ケーキを生産販売する会社でした。
そりゃぁ、日本クオリティーで美味しいはずです。
そんなタイのセブンイレブンのケーキ、現在店頭に並んでいる14種類を食べ比べし、私の好みで勝手にランキング評価してみました。
結果はいかがでしたでしょうか?
同意していただけそうなものもありましたか?
人の好みはそれぞれで、賛否両論あるかとは思いますが、今後のケーキ選びの参考にしてもらえると嬉しいです。

本日も読んでいただき、ありがとうございました。コープクンカップ。

人気ブログランキングに参加しています。
↓ ↓ ↓ 

タイ料理
スポンサーリンク
たきんにょをフォローする
たきんにょのタイ在住あれこれ
タイトルとURLをコピーしました